コンサルティング 〜あなたの事業や商売に適切なアドバイザーは付いていますか?〜

コンサルティングに強い事務所

事業や商売での一番の悩みは何でしょうか。

税金が高い?

実際は国へ支払う税金より、年金や保険料負担の方が大きいというのが経営者の方の実感だと思います。昨今の税制では税そのものより社会保険料の方が、資金繰りに与える影響が大きくなっています。

「売上が順調に上がらない」「よい人材が集まらない」など悩みは挙げたらきりがありません。しかし本当の悩みは、それらを相談できる相手がいないことでしょう。適切な助言をくれる相談相手がいることは、複雑化する社会において事業や商売をするには不可欠です。

Problems cannot be solved by the same level of thinking that created them. by Albert Einstein

「いかなる問題もそれが発生したのと同じ次元で解決することはできない」 これはアインシュタインの有名な言葉です。問題を乗り越えようとしても解決しないこともあります。それは真の原因が当事者が普通に思いつく思考の延長上でない場所にあるからです。

問題解決には①環境の視点 ②構造の視点 ③アイデンティティの視点、の3つ視点が重要です。例えば、ある人が資金繰りで翌月末までに300万円必要になり今月は借入をして乗り越えました。さて翌月末までに再度300万が必要になりました。どうやって調達したら良いでしょう? お金の問題をお金と同じ層、①の環境の視点で考えると借金のループから抜け出せません。「ビジネスモデルが間違っているのではないか」という②の視点や「借金が理由で両親がいつも喧嘩して育った家庭に生まれ、そのアイデンティティが原因で問題を起こしているのかもしれない」という③の他からの視点が解決に導いてくれます。そして①今すぐ実行できること②できないことの2つに分け、①から実行に移していくことも重要です。

実現したい夢があり、その夢と現実のギャップが問題(乗り越えたい山)。ある人にとっては問題(山)でも、ある人は気にしないでしょう。実現したい夢があるから問題(山)にぶつかるわけです。解決できないこと(山が高すぎること)は問題じゃなくて条件です。その条件の中で何をするかが大切になってきます。条件をシンプルに整理すること、変化する外部条件(社会、競合、法律、税制)の制約にどう対応するかアドバイスするのも、会社の数字を一番よく把握しているわたしたちの仕事です。ちょっと暑苦しい税理士が毎月訪問しあなたの事業の課題に一緒に取り組みます。

「事業や商売に課題はあるが解決できないことはない。事業や商売に問題はあるが一人ではない」という安心感とともに事業や商売に取り組むことが可能になります。

 

料金体系

◾顧問料 法人の場合(税抜)

年取引金額 5,000万円未満 1億円未満 5億円未満
顧問料 33,000円/月 48,000円/月 78、000円/月
26,400円/月 38,400円/月 62,400円/月

 

◾顧問料 個人事業主の場合(税抜)

年取引金額 2,000万円未満 5,000万円未満 1億円未満
顧問料 18,000円/月 28,000円月 38,000円月
14,400/月 22,400/月 30,400/月

 

◾決算料(税抜)

法人 個人
決算料 180,000円〜 98,000円〜
144,000円 78,400円

◾記帳代行サービス(税抜)

基本料金5,000円 4,000円+100円×仕分数(元帳作成料金含む)